優しい海

名前は “ うみ ” といいました。

わが家で唯一の男の子でした。



抱っこが大好きで

いつも『 抱っこして~♡ 』とついてまわって

抱っこすると気持ちよさそう~に

おめめはしゅ~ばしゅば

前足はエアふみふみして

満足すると

わたしの首の所にかわいい前足を突っ張って

『 おろせ~ 』って ww



マタタビも大好きで

他の仔よりもきれ~に酔っぱらって?

暴れまわってました ww



掃除に使うあのコロコロ(正式名は何てゆうんですかね?(笑))も大好きで

身体をコロコロしてあげると

きゅ~るきゅるご~ろごろ♪



お腹も撫でられるのが好きで

いつも気持ちよさそう~にかわいい顔を見せてくれました。



まだ9歳7ヶ月でした。

あまりにも突然

あっという間に逝ってしまいました。

まだ4匹いるのに

ひとりいなくなっただけで

とても静かでとても部屋が広く感じます。



何てゆうか

ふつうにいないんですよね

当たり前だとわかってるんですけど

『 なんでいないんだろう?』って

さも最初からいなかったかのようにいないんです。



ほんとうにほんとうに優しい仔でした。

まだまだ思い出してはボロボロこぼれますが

今までも見送っては他の仔たちがいてくれるから立ち上がらなきゃって

立ち上がって来ました。

(わたしの元気がないと猫たちまで元気がなくなってしまうので)



旅立った仔たちに恥ずかしくない生き方をしよう。

『 この人と一緒に暮らせてよかったな。』

そう思ってもらえるようにがんばろう。

そうやって立ち上がって来ました。



おっぴろがって寝ころがる姿がとってもかわいかった。



冬は夜中に『 お布団入れて~♡ 』って

わたしの肩の所をホリホリしてもぐり込んでくるかわいい仔でした。

もう今年の冬はもぐり込んできてくれないんですよね、、

わかってるんですけどね、、

まだどこか信じられなくて、、、



わたしの腕にかわいいあんよをのっけて♡

腕まくら?足まくら?ww



思い出を書き出せばキリがないけど



もっと一緒に居たかった

もっと一緒に居れると思ってた



肉体がなくなっただけで

さよならではない

と、わかってはいるんですけど、



思い出しては涙がこぼれないようになるまでは

もう少し時間がかかりそうです。



最後になりましたが、

ブログお休み中もご訪問くださってた皆さま本当にありがとうございます。(。-人-。)♡



本当に有り難いことだと

心より感謝申し上げます。<(_ _*)>♡



また少しずつがんばっていきます。

これからもどうぞよろしくお願い申し上げます。

<(_ _*)>♡

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。